50代主婦の挑戦!

子供たちが、スマホで色々な事をして楽しそうにしてるのを横目で見ながら、 子供に聞いたら嫌がられ、ググって調べるのもめんどくさい、そして実際やってみるのは 50代世代は勇気がいる。 初めてのことに挑戦します!

2.親の介護 離れて暮らす親 明るく介護

母は、よくしんどくなります。

目眩がして、『ふらふらする〜もうしんどい〜もうあかん。歳取ったらホンマあかんわ。』

と電話をかけるとよく言っています。

ただ、病院へ行ってもどこも悪くないのです。

でも、嘘をついているのではないのです。母はほんまにしんどいのです。

どうしたら良いのか…本当に困ります。

以前生協の様な配達を毎週母は頼んでいました。

 

その日、母はふらふらしてとてもしんどかったのです。

しんどい時はいつも近所のかかりつけ医に往診を頼んでいます。

しかし、その日は休診日でした…。

いつも通り私が電話をすると、

母『ぶっ倒れて寝てる。お兄ちゃんから連絡あると思うから…』と…。

私『大丈夫?とにかく寝ときな』…。

その後、母は救急車に乗っていました。

母は、その日往診が頼めず、兄の携帯に『しんどい』と電話…。

兄はすぐに会社を早退しました。

兄が急いで帰宅途中、配達員の方から携帯に着信がありました。

配達員の方『救急車を呼んだ方が良いと思いますが…』

兄『お願いします』

母は兄の携帯番号を書いた名札(定期入れ)をいつも首から提げて出かけているので、それを玄関に置いているのです。

それをみてかけて下さったのです。

兄はギリギリ救急車に同乗できました。

しかし、救急病院では特に問題無し…

2人タクシーで帰ったそうです。

帰宅した母は、『お腹が空いた。ご飯食べたい』と言って、兄を怒らせました。今となっては 笑笑です。

先程も書きましたが、母はその時ほんまにふらふらしてしんどかったのです……。