50代主婦の挑戦!

子供たちが、スマホで色々な事をして楽しそうにしてるのを横目で見ながら、 子供に聞いたら嫌がられ、ググって調べるのもめんどくさい、そして実際やってみるのは 50代世代は勇気がいる。 初めてのことに挑戦します!

No3 ふるさと納税やってみた!

こんにちは!
子どもが独立して、なんとなく生き甲斐のようなものを失くしてしまった50代の主婦の皆様。
仕事もパートで時給、やり甲斐もあまりなく、これからの人生どうやって生きて行こうかと
考えているのは私だけでしょうか?


私は最近、サブスクの Netflixでドラマや映画をよく観ています。(しかも契約は子供がしてくれているので、タダ!)

Netflixのドラマで最近はまっているのが、ペーパーハウスです。
スペインの人気テレビドラマシリーズをNetflixが独自に再編して、世界へ配信されたそうです。
9月からシーズン5が始まります!


Netflixの話はまた今度にしまして、ふるさと納税について書きます!

私なりに調べたところ、ふるさと納税とは、
①自分が応援したい自治体(いや、私の場合、欲しい返礼品がある自治体)に寄付をします。
 寄付と申しましても、さとふる等にまず登録して、欲しい返礼品をクリックするだけです。
②返礼品が届きます!
③寄付した金額分税金の還付や控除を受けられます。
(本来収める税金から差し引いてくれて、実質自己負担2000円で、美味しい返礼品がもらえるのです!)


例えば、我が家の場合、主人は細々とですが、サイドビジネスをしているので、毎年確定申告をしております。
(主人はアナログ人間のため、ネットではなく今年も申告会場にわざわざ出かけて行きます。)

主人はもちろん手書きの申告書ですが、
その申告書に「ふるさと納税したよー」って書ける欄がありまして、寄付した金額を記入するだけです。
あとは寄付をした自治体から寄付金受領証明書というものが送られてくるので、それを添付します。
それだけです。

確定申告しないサラリーマンの方には別に「ワンストップ特例制度」というのがあるそうです。

そして、私は国産蜂蜜を返礼品に希望しました。とっても美味しかったです。
国産の蜂蜜は結構良いお値段ですので、我が家では普段は手が出ません…。

f:id:ewakaba:20210903233557j:plain

私も実際ふるさと納税をやってみて、本当にお得な制度だという事がわかりました。
しかもとても簡単!
まだやったことがないという方は、是非今年こそふるさと納税に挑戦してみてくださいね。
返礼品は送り先も変更できますので、親孝行にも良いかもしれません。

** 注意しないといけないのは、自分が住む自治体にふるさと納税しても返礼品はもらえません。 **
   
皆様も是非「ふるさと納税」で、ググってみてくださいませ。

おしまいです。